銀座のトータルビューティーの起点

みなさんは銀座って好きですか?
銀座は東京の一等地として長い歴史のある町ですから、歩いていける範囲に魅力的なスポットが盛りだくさんです。
国内のみならず海外の企業にとっても、銀座に出店することは他の地域に進出するのとは全く違った意味を持ちます。銀座に支店を持つということは、すなわち一流企業としてのステータスまでも得ることができるからです。
そんな華やかな街銀座には、東京の中でもトップレベルの服飾店、飲食店、その他美容関連の一流店も集います。
銀座を街歩きするときには、ぜひおさえておいてもらいたいポイントをまずは基本的なところからみていくことにしましょう。

まず、銀座に来たなら絶対におさえておきたいのが、銀座三越とギンザコマツです。
銀座三越と言えば、非常に歴史のある銀座を代表する商業ビルです。見所はやはり高級な服飾品・ジュエリー・コスメアイテムです。
ただ、若い世代にとっては銀座三越というとやや商品層の年齢やお値段が高めに感じられることがあるので、まだ少し早いかなと思える人にとっては、新しい商業ビルであるギンザコマツの方がよりニーズに合った買い物をすることができるでしょう。
このビルは2012年3月16日にオープンしたばかりなのですが、その東館・西館合わせて初日には1800人以上の行列もできたほどで、これから銀座を語る上で絶対に外すことのできないスポットとなることは間違いありません。

メインのショップとなるのは、「ユニクロ銀座店」と「DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARCONS(ドーバーストリートマーケット ギンザ・コム デ ギャルソン)」で、他にもルイヴィトンやシュプリームなどおなじみの高級ブランドも出店されていて、幅広いニーズに沿っています。
ファッションの他にも、西館には、ローズ・ベーカリーの日本3号店となる店舗もあります。ローズ・ベーカリーといえば、丸の内や吉祥寺のお店が大人気のベイクペストリー&お惣菜のお店です。
ギンザコマツ内のローズ・ベーカリー3号店では、ティールーム色を前面に出したおしゃれな雰囲気の内装となっており、伝統あるスタイルで高級感のある雰囲気を楽しむことができます。
他にも、デザイナー阿部千登勢の手がけ東京・南青山に出店以来大人気の「sacai」も目玉です。
まずはギンザコマツをじっくりめぐり、トータルビューティーの起点としてみてはどうでしょうか。


Sorry, Comments are closed.